携帯ケース完成

itunseやらipodnanoを首からさげたりする人って多いですよね。
でもそういったアクセサリって一様にケミカルっぽいよなぁと思ってました。
plamA.jpg
そして9月の末頃にバイクにのっていてフト思いつき裏紙に書きなぐった案がこれ。字が糞汚いのですごく恥ずかしい。

んで早速、なじみの老舗のインディアンジュエリーのお店「ビンゴブラザーズ」@原宿に行き相談。それっぽい袋があったので早速!

絵をみてわかってもらえるかわかりませんが、当初は蓋付のメディスンバッグのような形状を想定していましたが、巾着型に。でもこのほうがカワイイかとも思ってる。



05年09月30日15時51分40.jpg

素材は当然の鹿革。牛より柔らかくて頑丈なのです。難点は鹿だけに皮ひもも最長で2メートル弱程度しか取れないこと。
ビンゴのケツバッグっていったらベルトに通すもんなんですが皮紐を長めに作り変えてもらい長さの調節をできるように。
後ろにタラーンと垂らすのが未だにかっこいいって思ってるのはおじさんだけでしょうか。

V9030001.jpg
V9030002.jpg


V9030003.jpg
V9030004.jpg


これで一応完成で愛用してたんだけども余ったコードの対策をとっていなかったので、

TA108LLA_1.jpg
AppleStoreでコードマネージャーを購入。コンビニでお金を振り込み次の日には到着。

完成!かなり気に入っている ただし携帯に電話がかかってきたときにとっさに取り出しにくい。マイクがついてるのでバイクに乗ってるときはそのまましゃべるけど、人ごみのなか携帯をマイクでしゃべってるオシャレさんはNYか秋葉原でしか見かけたこと無いので少しだけ抵抗あります。


携帯ケース完成” への2件のコメント

コメントは受け付けていません。